タマホーム トラブル

タマホームのトラブル対応について

タマホームトラブル対応も様々なようです。

施工上のミスなどはトラブル発生後、すばやく、そして無償で行われているケースが多いように見受けられます。

トラブル対応がしっかりしていなければ、タマホームの急成長はないでしょうからね。

しかし全ての人がタマホームの対応に満足しているということもなく、場合によっては施工が途中で止まってしまったままになったり、裁判にまで持ち越される場合もあります。

特に従業員のミスなどのトラブルの場合、トラブル対応する従業員の態度が悪かったり、ミスを認めなかったりと、トラブルがなかなか解決しないケースも多々あるようです。

これはタマホームの従業員の教育不足が要因となっていると思います。

タマホームは営業マンの当たり外れがあると言われていますからね。これはタマホームだけではなく、他のハウスメーカー、ハウスメーカーに関わらずどこの会社でもあり得ることで、タマホームだからトラブルが多いというわけではありません。

ただトラブルの対応をきちんとしてもらえれば、家を建てる側も今後も気持ちよくタマホームと関わっていけると思うので、そこはきちんとしてもらいたいものです。

トラブルに対する対応が今後の成長の鍵となっていると思いますので、タマホームはトラブル対応をさらに徹底してほしいですね。



タマホーム 評判

タマホームの悪い評判

タマホームの悪い評判について紹介します。

タマホームの悪い評判は氾濫しているように思いますが、意見が多いものをまとめてみます。

まずはタマホームの従業員の質が悪いという評判です。

実際家を建てた人の感想を見ていると、営業マンのミスが多い、態度が悪い、約束を守らない、と様々なクレームがあります。

急成長に伴い、従業員も急速に増えているので、営業マンの知識や経験、力量にバラツキが多いみたいです。

あとハウスメーカーに限らずベンチャー企業に多いことですが、担当営業マンがコロコロと変わるという評判もあります。

そして、よく言われていることが、「タマホームは坪単価25.8万円だけでは家は建たない」という評判です。

これは事実で、他に諸費用などがかかってしまうということですが、他のハウスメーカーにおいても同じく費用がかかりますし、実際展示場などに行くとまずタマホーム側からそのことについて説明があるそうです。

他には、タマホームは点検があまい、修理代が高いといった評判も見られます。

これはあくまで評判で、事実かどうかは分かりません。

その他の「トラブルが多い」「訴訟が多い」という評判はあまり信憑性がありません。

調べていくと分かることですが、実際どのようなトラブルがあったのか、や、訴訟内容について書かれた記事は少ないです。



タマホーム サービス

タマホームの営業のサービスの効率化

タマホームは営業マンの徹底したサービスの効率化を図り、営業に掛かる経費を抑えています。

その結果、他のハウスメーカーを圧倒するような低価格を実現しています。

営業マンに色々なサービスをしてもらいたい、または、 もっと密に打合せを重ねて、こだわりの家を建てたいという人には、タマホームは向いていないかもしれません。

なぜなら、他のハウスメーカーが注文住宅を建てる場合、一般的に打合せは引渡しまでの間に10回以上、多ければ20回を超える場合もあります。

また、営業マン以外にも建築士やインテリアコーディネーターが同席します。

しかし、タマホームの打合せは数回程度で、営業マン一人だけです。

見積もりも、通常は積算担当者が行いますが、タマホームでは見積作業を単純化し、営業マン一人でできるシステムを作り上げました。

また、通常、大手ハウスメーカーでは、営業マン一人当たりの平均受注数が年間約6〜7棟なのに対し、タマホームではその倍の年間12〜14棟を受注しています。

タマホームでは丁寧なサービスよりでお客様に満足してもらうのではなく、サービスを簡素化しお客様に低価格の家を提供することで満足してもらうことに力を入れているのです。

営業マンのサービスについては、どちらが望むかは人それぞれですよね。



タマホーム サービス

タマホームの家は45坪以上でサービス追加

タマホームでは契約するとサービスを付けてくれることが多いです。

タマホームでは45坪以上になると、さらにサービスが付きます。そのサービス内容は様々ですが、ジェットバス、浴室テレビ、タンクレストイレなどを無料で付けてくれるというものです。

これは嬉しいですよね。

選べるとなると悩んでしまいますが、付けてもらえるものは付けてもらいましょう。

ちなみに、タマホームは値引きが一切ありません。その分、このようなサービスで補充しているのではないでしょうか。

さらにタマホームでは、45坪以上ですと、腰パネルも標準仕様になったりと、色々な仕様が付いてきます。

タマホームでは大きな家を建てるほど、仕様が豊富になるのです。

タマホーム側としてはより大きな家を建ててもらえば儲かりますからね。

当然といえば当然でしょう。

でも家を建てる側からも、45坪を少しだけ下回った家を建てて、オプションを積み重ねていくと、同じ仕様の45坪の家のよりも高くなってしまうことがあります。

ここは気をつけましょう。

45坪以上でサービスもつくことですしね。サービスについては営業マンに詳しく聞くのがいいでしょう。

タマホームもそれを売りにしているのだから丁寧に説明してくれるはずです。

タマホーム ブログ

タマホームに関するおもしろいブログサイト

タマホームに関するブログって本当にたくさんありますよね。読んでいてとてもおもしろいです。

実際タマホームで家を建てた人にしか分からないこと、オプションの価格や必要性、クレームや問題点、本当にブログの内容は様々です。そこでタマホームのブログでおもしろいものを発見しました。

それは「タマホーム同盟」というブログです。タマホームで家を建てた人、現在建てている人、検討中の人もタマホーム同盟に参加することができます。同盟ってなんだか仲間って感じで心強いですよね。同盟に加盟するとブログに書き込むことができ、そこで近況報告や質問などもできるようです。

そんなブログサイトがあるなんて、タマホームは人気があると言えるでしょうね。

悪い噂などもよく聞きますがあくまで噂ですので、実際タマホームで家を建てた人のブログを見ていれば、タマホームの良さも悪さも分かってくるでしょう。

もしタマホームを検討中、実際これから建てるという人がいれば「タマホーム同盟」に参加してみるのもいいのではないでしょうか。実際建てた先輩からのアドバイスが一番のアドバイスですからね。他にもためになる、またはおもしろいブログがたくさんあるので調べてみるのも楽しいですよ。

  1 2 3 4 5..  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。