タマホーム@自由設計・注文住宅! > タマホーム 建築 > タマホームの建築構造と強度その3

タマホーム 建築

タマホームの建築構造と強度その3

タマホーム建築構造と強度ついて紹介します。タマホームの建築物の壁は構造用面材による耐力壁になっています。9mm厚の構造用面材を直接柱に留めつけて耐力壁とする事により建築物全体が一体化し、住まいを面で支えることでさらに建築物の強度をアップさせます。日本の伝統工法である木造軸組工法にプラスすることで、さらに安心の家がタマホームでは実現しました。さらにタマホームでは、木造住宅の接合部の強度を高めるため、土台や基礎と柱の接合部分を防サビ処理が施された耐震金具で補強。強い家づくりを貫く精神が、こうした表からは見えない所にも及んでいます。要所に耐震金具を使用することで、より耐震性が高まり、建築物のゆがみや倒壊を防いでいます。 タマホームの建築物は適材適所で耐震金具を使い分け、建物の強度をアップしています。ホールダウン金具は柱と土台を一本の強靭なボルトで貫いてしっかりと固定します。筋交いプレートは水平力を受ける筋交いを、柱にしっかり固定します。 L型接合金物は土台と柱など、接合部を強固に固定します。 羽子板ボルトは柱と梁の接合部分をしっかりと固定するための金具。木材は乾燥が進むにつれ収縮することがあり、その場合に接合部が緩まないように取り付けます。 このようにタマホームは建築にこだわっています。

<<タマホームのオプション例 | タマホーム@自由設計・注文住宅!トップへ | 7月住宅着工、19.0%増 1年1カ月ぶり前年上回る>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。