タマホーム@自由設計・注文住宅! > タマホーム 建築 > タマホームの建築構造と強度その4

タマホーム 建築

タマホームの建築構造と強度その4

タマホーム建築構造と強度ついて紹介します。タマホームは「基礎パッキン工法」を採用しています。「基礎パッキン工法」とは、厚さ20mmの基礎パッキンを基礎コンクリートとヒノキ土台の間に挟み込んでいく床下換気工法です。従来工法では、床下換気口として通風窓を開けていたため、建築物の基礎の強度を損ない、しかも空気の流れも場所によってはよどみがちになるなどの欠点がありました。しかし、このタマホームの「基礎パッキン工法」ではパッキンの隙間から床下の換気が行われ、従来工法の1.5〜2倍の換気性能を発揮します。また土台のヒノキが基礎コ ンクリートと接触していないため、土台の耐久性も上がり、結露やカビが発生しにくく、快適な室内環境を実現できるようになりました。
また床の強度も強い家をつくる要素のひとつです。タマホームの床は1、2階全フロアの床梁の間に1mピッチで90mm×90mmの木材を配置し、その上から24mm厚の構造用合板を直接留めつける剛床工法を採用しています。 この工法は床をひとつの面として一体化させているため、横からの力にも非常に強い構造となっており、建築物のねじれや変形も防ぎます。木造軸組工法の中では最も耐震性に優れた床組の施工方法であり、建築物を台風からも守ります。強度を誇りながら、耐火性、 遮音性にも優れています。 タマホームの建築へのこだわりが表れています。

<<タマホームの巡回サービス | タマホーム@自由設計・注文住宅!トップへ | タマホームに関するおもしろいブログサイト>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。