タマホーム@自由設計・注文住宅! > タマホーム トラブル > タマホームのトラブルNo.1は価格設定

タマホーム トラブル

タマホームのトラブルNo.1は価格設定

タマホームに対するトラブルで一番多いのは、価格についてです。タマホームの販売件数増加に比例してトラブルが増えるのも、当たり前の話といえば当たり前なのですが、タマホームはローコスト住宅を売りにしているのでその価格設定に対してのトラブル
が多いのでしょう。ある営業マン曰く、「お客様とのトラブルの80%は坪単価の価格設定についてです」ということです。ですので、タマホームでは最初に坪単価について時間を使って説明するようにしているらしいです。どうしてそんなにタマホームの価格でトラブルが出るのかというと、やはり坪単価25.8万円という広告が非常にインパクトが強すぎるために、坪単価×坪数だけで家が建てることができると思ってタマホームを訪れる人がいるのです。坪単価25.8万円というのは、あくまでも建物の基本的なところで、オプションは別料金でかかってきますし、他にも地盤補強工事や下水道接続工事などの諸費用がかかり、全部で300〜500万ほどプラスでかかります。さらに坪単価25.8万円の条件は床延べ面積が35坪以上の建物で、それ以下の面積だと1坪減る毎に5250円高くなるのです。そんな追加費用や制限があるならば、後々トラブルになるのも理解できますよね。家を買う側としてもトラブルを出したくはないので、きちんとした説明を行ってほしいですね。

<<タマホームのオプション例 | タマホーム@自由設計・注文住宅!トップへ | 7月住宅着工、19.0%増 1年1カ月ぶり前年上回る>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。