タマホーム 欠陥

タマホームでの欠陥住宅を見抜くために

タマホームのようなローコスト住宅を売りとしたハウスメーカーで家を建てる場合、「手抜き工事をしていなか?」と、欠陥住宅への不安がありませんか?欠陥住宅を見抜くのは自分自身です。タマホームに全て任せるのはやめましょう。家は一生に一度の高額な買い物です。簡単に買い直しできるものではないので、欠陥住宅を見抜く目を養わなければなりません。欠陥住宅を見抜くといっても、日本の住宅建築工事は、ハウスメーカーや一般工務店が一括元請けで契約し、設計・施工・監理が同一の業者で行われているのが一般的です。タマホームの場合も同じです。ですので、欠陥住宅のチェックといってもタマホームの身内で行なっているので、あまり信用できません。ですので、検査員を放っておかず、検査員が検査している横で、あなたもメモを取りましょう。建築用語が分からなかったとしても、とにかくメモを取ることで、検査員が手抜きを出来なくなりますからね。疑問に思ったことを検査員と話し合うことも大切です。欠陥住宅を見抜くには、検査員、その他にも実際家を建てている現場の棟梁、タマホームの営業マンとの関係も良好にし、何でも質問できる環境を整えておきましょう。よく現場に通い、現場のことを知りましょう。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。