タマホーム サービス

タマホームの営業のサービスの効率化

タマホームは営業マンの徹底したサービスの効率化を図り、営業に掛かる経費を抑えています。

その結果、他のハウスメーカーを圧倒するような低価格を実現しています。

営業マンに色々なサービスをしてもらいたい、または、 もっと密に打合せを重ねて、こだわりの家を建てたいという人には、タマホームは向いていないかもしれません。

なぜなら、他のハウスメーカーが注文住宅を建てる場合、一般的に打合せは引渡しまでの間に10回以上、多ければ20回を超える場合もあります。

また、営業マン以外にも建築士やインテリアコーディネーターが同席します。

しかし、タマホームの打合せは数回程度で、営業マン一人だけです。

見積もりも、通常は積算担当者が行いますが、タマホームでは見積作業を単純化し、営業マン一人でできるシステムを作り上げました。

また、通常、大手ハウスメーカーでは、営業マン一人当たりの平均受注数が年間約6〜7棟なのに対し、タマホームではその倍の年間12〜14棟を受注しています。

タマホームでは丁寧なサービスよりでお客様に満足してもらうのではなく、サービスを簡素化しお客様に低価格の家を提供することで満足してもらうことに力を入れているのです。

営業マンのサービスについては、どちらが望むかは人それぞれですよね。



タマホーム サービス

タマホームの家は45坪以上でサービス追加

タマホームでは契約するとサービスを付けてくれることが多いです。

タマホームでは45坪以上になると、さらにサービスが付きます。そのサービス内容は様々ですが、ジェットバス、浴室テレビ、タンクレストイレなどを無料で付けてくれるというものです。

これは嬉しいですよね。

選べるとなると悩んでしまいますが、付けてもらえるものは付けてもらいましょう。

ちなみに、タマホームは値引きが一切ありません。その分、このようなサービスで補充しているのではないでしょうか。

さらにタマホームでは、45坪以上ですと、腰パネルも標準仕様になったりと、色々な仕様が付いてきます。

タマホームでは大きな家を建てるほど、仕様が豊富になるのです。

タマホーム側としてはより大きな家を建ててもらえば儲かりますからね。

当然といえば当然でしょう。

でも家を建てる側からも、45坪を少しだけ下回った家を建てて、オプションを積み重ねていくと、同じ仕様の45坪の家のよりも高くなってしまうことがあります。

ここは気をつけましょう。

45坪以上でサービスもつくことですしね。サービスについては営業マンに詳しく聞くのがいいでしょう。

タマホームもそれを売りにしているのだから丁寧に説明してくれるはずです。

タマホーム サービス

タマホームの巡回サービス

タマホームでは家が完成した後、巡回サービスを受けることができます。タマホームの巡回サービスとは点検のことで、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、5年、そして10年目に実施しています。

点検の他、メンテナンスの相談にのってくれたり、アドバイスもしてくれるそうです。このような家を建てた後のアフターサービスがしっかりしていると安心ですよね。

この巡回サービスはタマホームのアフターサービス専門の従業員が点検に来ます。点検の進め方として、目視チェックと聞き取りを同時進行で進め、不具合があれば修正できるものは修正し、その場で修理できない箇所は後日業者が修理に来るいう形です。不具合としては、床の軋みや和室のドアの立て付けが悪いなどが多いらしいです。

しかし、タマホームの巡回サービスにも色々問題があるようです。実際タマホームで家を建てた人によると、この巡回サービスは、こちらから連絡しないと点検に来てくれないことがあるらしいです。10年目なんてこちらも忘れてしまうそうですよね。

また、修理箇所が見つかっても、修理に来るのが遅いといったこともあるようです。全く来なければクレームものですが、遅くなっても修理には来てくれるのでまだ許せる範囲内でしょうか。

タマホーム サービス

タマホームのアフターサービス

タマホームのアフターサービスを紹介します。タマホームでは、建物最長35年保証(地盤保証+住宅保証)が付いています。まず10年保証(瑕疵担保責任)です。住宅の建築前段階で「地盤調査」を行い、その結果に基づく工事を行う事により、地盤の安全について保証されます。 第三者機関による各種調査・検査を行い、全ての検査に合格した住宅の構造耐力上主要な部分および、雨水の浸入を防止する部分の瑕疵(欠陥)について保証されます。さらに、それにプラス25年保証(10年目・20年目・30年目点検に基づく保証)が付いています。引渡し後、10年ごとの有償メンテナンス工事により、更に10年間の保証延長ができます(最長25年まで)。東北地区の場合は、保証年数が変更となる場合があります。タマホームではアフターサービス専用の部門を作り、アフターサービスにも力を入れています。しかし実際の評判では、タマホームのアフターサービスは価格相当で、悪くもないけれど満足できるほどのものではないみたいです。地域によってはタマホームのアフターサービス部門に従業員が1人しかいなかったり、修理を頼んだのに1ヶ月後にやっと来たということもあるそうです。これは些細な修理の場合ですし、まあ修理に来ないということはないので、不満というほどではないみたいです。

タマホーム サービス

タマホームのサービス内容

タマホームの注文住宅と契約すると、サービスが付くことが多いです。タマホームのサービス内容は様々ですが、食器洗浄乾燥機、浴室テレビ、出窓などを無料で付けてくれるというものが多いです。普通ならば結構な金額のオプション料金を取られるものなので、これはありがたいですよね。展示場に行くと「今ご制約いただけると、○○をサービス」と書かれていたり、10周年キャンペーンというのが過去にありましたが、それは「食器洗浄乾燥機がサービス、洗面化粧台がグレードUP(750o→900o)、2階トイレが無料」とサービス満点です。特にタマホームでは、2階トイレの追加オプションは30万円ほどするものなので、この時に契約した人はお得でしたね。このようにサービスを付けることで展示場では客寄せしているのでしょうが、それに惑わされることなく、きちんとタマホームの家で納得できるのかを見極めてから契約しましょう。まあ家はもっと高い買い物なので惑わされるということもないかもしれませんがね。ただタマホームで家を建てると決めた後ならば、何かサービスはしてもらえないかと担当に聞いてみるのもいいかもしれません。サービスはあるに越したことはないですからね。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。