タマホーム 訴訟

タマホームの訴訟の真相

タマホーム」をインターネットで検索する人は多いようです。それは多くのホームページを作っている人たちの感想で、それだけ現在タマホームは注目されているハウスメーカーなのでしょう。特に若い人は「安い」に敏感です。インターネット世代の人が家を建てる年齢になり、「安い」をモットーにしたタマホームのことを検索するのでしょう。なかでも「タマホーム 訴訟」での検索がとても多いらしいです。実際「タマホーム 訴訟」で検索するとたくさんの情報がでてきます。多く書かれているのが、実際の訴訟ではなく、そういった噂があるやら、自分のホームページには「タマホーム 訴訟」の検索が来た人が多いやら、どうも実際訴訟の内容を書いてるページはなかなか見当たりません。タマホームはローコスト住宅を売りに多くの受注を得ようと全国展開し、急成長している会社です。家を建てる側としては「安さには裏があるのではないか?」と疑い、ネットで調べる。だから「タマホーム 訴訟」や「タマホーム クレーム」などの検索が多いのかもしれませんね。そしてみんな実際訴訟はそんなにないんだと納得するのでしょう。訴訟が全くないわけではないでしょうが、それはタマホームに限らず、他のハウスメーカーでもあることなので「タマホーム 訴訟」の検索数が多いからといって実際のタマホームの訴訟は多いというわけではないようです。

タマホーム CM

タマホームのCM以外の宣伝

タマホームCMは有名ですよね。みのもんた氏の起用やリズムの良いCMソング。CMがもたらす効果は多大です。さらにタマホームはCM以外にも宣伝に力を入れています。CMの他の宣伝とは、大相撲の懸賞です。大相撲の懸賞金は1本6万円で、一つの場所に5本以上提供しなければならないというルールがあります。つまり、最低30万円が宣伝費用として必要です。これをタマホームはたくさん出しているのです。懸賞幕も目立つものにしています。横綱、大関からみの好取組では、タマホームの懸賞幕は最低5本は出て来ますからね。タマホームは本当に目のつけどころが良いです。CMのないNHKですが、これでCMと同じくらいの宣伝効果になるでしょう。因みに懸賞幕は1本8万円で相撲協会が製作してくれるそうです。大相撲は視聴率もいいし、様々な年代の人が見ているので、とてもいい宣伝場所になっているしょう。CMだけでもタマホームの宣伝効果は高いと思いますが、NHKにも宣伝を出すというタマホームは広告活動に余念がありません。他にも野球場に宣伝広告の看板を出したりもしています。こちらもテレビ中継で移り、世間の人に「タマホーム」の名を知ってもらうだけでもCMと同じくらいの効果があるでしょう。

タマホーム ブログ

タマホームに関するお奨めブログ

ここではタマホームに関するお奨めブログを紹介します。まずは「タマホームで建てる家」というブログです。このブログをみればタマホームのほとんどが分かるのではないでしょうか。実際タマホームで家を建てた方のタマホームに決めたきっかけから、タマホームで建てる際の要点、注意点、さらにオプションの価格、担当の営業マンまで詳しく書かれています。タマホームのいいところから悪いところまで経験者としてアドバイスを込めて書いてくれているので、このブログは、これからタマホームで家を建てる人には読んでおいて損はないブログです。そして次に「タマホームの達人」というブログです。これはまさしく達人の書くブログです。家づくりにこだわり、その詳細をひとつひとつ記事にしています。写真付きなのでとても見やすいです。外観は勿論、トイレや浴室、照明器具、本当に全てにこだわっています。タマホームでこれほどの家が建つのだということを証明してくれている気がします。まあそれだけのオプション料金を払っていることになりますが。とても夢の持てる、家にこだわりのある人には参考になるブログではないでしょうか。他にもタマホームの家建築日記のブログは数多くあります。

タマホーム オプション

タマホームのオプション(電灯類)

タマホームには様々なオプションがあります。オプションで何かと個数が増すのが電灯類ではないでしょうか。玄関、キッチン、リビング、廊下、各部屋、と電灯は家中にありますからね。モデルルームなどを見ているとついつい電灯類にもこだわりたくなります。電灯類のオプションの例として、板の間にダウンライトを1つ付けるとしましょう。そうするとオプション費用として、ダウンライト1機代金、ダウンライトスイッチ設置代金、ダウンライト配線代金と、思ったより金額がかかってしまいます。ちなみに電灯類は、ネットなどで購入するよりタマホームを通して購入すると割高です。施主支給は、お金があまりかからないというメリットがあるのですが、逆にデメリットもあります。それは、もし施主支給した製品に不具合が生じた時に安易にタマホームに相談が出来ないことです。製品保証もタマホームでは無く、その製品を購入した店が行うという話ですから、不具合が出たときはちょっと面倒ですよね。タマホームを通して購入していると、アフターなんかも万全ですよね。不具合が出たとしても、工務さんかアフターさんが責任を持って対応くれるでしょうから、話が簡単です。オプション費用をなるべく抑えるなら施主支給、アフターなどの安心を取るならタマホームを通して購入が無難ではないでしょうか。

タマホーム 建築

タマホームの建築構造と強度その4

タマホーム建築構造と強度ついて紹介します。タマホームは「基礎パッキン工法」を採用しています。「基礎パッキン工法」とは、厚さ20mmの基礎パッキンを基礎コンクリートとヒノキ土台の間に挟み込んでいく床下換気工法です。従来工法では、床下換気口として通風窓を開けていたため、建築物の基礎の強度を損ない、しかも空気の流れも場所によってはよどみがちになるなどの欠点がありました。しかし、このタマホームの「基礎パッキン工法」ではパッキンの隙間から床下の換気が行われ、従来工法の1.5〜2倍の換気性能を発揮します。また土台のヒノキが基礎コ ンクリートと接触していないため、土台の耐久性も上がり、結露やカビが発生しにくく、快適な室内環境を実現できるようになりました。
また床の強度も強い家をつくる要素のひとつです。タマホームの床は1、2階全フロアの床梁の間に1mピッチで90mm×90mmの木材を配置し、その上から24mm厚の構造用合板を直接留めつける剛床工法を採用しています。 この工法は床をひとつの面として一体化させているため、横からの力にも非常に強い構造となっており、建築物のねじれや変形も防ぎます。木造軸組工法の中では最も耐震性に優れた床組の施工方法であり、建築物を台風からも守ります。強度を誇りながら、耐火性、 遮音性にも優れています。 タマホームの建築へのこだわりが表れています。

<<前の5件  1 2 3 4 5..  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。