タマホーム サービス

タマホームのサービス内容

タマホームの注文住宅と契約すると、サービスが付くことが多いです。タマホームのサービス内容は様々ですが、食器洗浄乾燥機、浴室テレビ、出窓などを無料で付けてくれるというものが多いです。普通ならば結構な金額のオプション料金を取られるものなので、これはありがたいですよね。展示場に行くと「今ご制約いただけると、○○をサービス」と書かれていたり、10周年キャンペーンというのが過去にありましたが、それは「食器洗浄乾燥機がサービス、洗面化粧台がグレードUP(750o→900o)、2階トイレが無料」とサービス満点です。特にタマホームでは、2階トイレの追加オプションは30万円ほどするものなので、この時に契約した人はお得でしたね。このようにサービスを付けることで展示場では客寄せしているのでしょうが、それに惑わされることなく、きちんとタマホームの家で納得できるのかを見極めてから契約しましょう。まあ家はもっと高い買い物なので惑わされるということもないかもしれませんがね。ただタマホームで家を建てると決めた後ならば、何かサービスはしてもらえないかと担当に聞いてみるのもいいかもしれません。サービスはあるに越したことはないですからね。

タマホーム 評判

タマホームの評判だけを信用しないこと

タマホーム評判は様々ですが、その評判をそのまま信じるのはよくありません。タマホームの評判の情報は氾濫しています。インターネット上では匿名で事実ではないことを書くことも可能です。情報をコントロールすることが、簡単にできるのです。タマホームの評判もコントロールされている可能性があります。ライバル会社が、タマホームの苦情やトラブル情報を流しているということも考えられます。逆に、良い情報だってコントロールされているのかもしれません。例えば、タマホームの関係者が、「タマホームで 家を建て、大満足しています」という記事を書くことも考えられます。タマホームの関係者だと、タマホームの評判や評価を良いほうに書くのは当然です。ですので、評判に惑わされず、自分の目で見て確かめながらタマホームを知っていくことが大切です。タマホームの従業員に知りたいこと、分からないことは全て聞きましょう。または実際にタマホームで家を建てた人に直接話を聞くことができると、評判より確かな情報になりますよね。インターネットですと簡単に情報収集できるという利点がありますが、実際手間をかけて情報収集することで、満足いく家づくりができるといえるでしょう。家づくりは大きな買い物ですから、情報収集も慎重にしてくださいね。

タマホーム 評判

タマホームの評判について

タマホーム評判って気になりませんか。タマホームの評判は様々です。良い評判、悪い評判、様々な情報がインターネット上でも行き交っています。ただ良い評判はなかなか広まりませんが、悪い評判はちょっとしたことでも大きく広まります。実際タマホームの検索キーワードで多いのが「クレーム」、「欠陥住宅」、「裁判」など悪い評判ばかりです。ただ検索された結果なので、「タマホームがクレームや欠陥住宅が多い」というわけではありません。タマホームは安いけれど、その代わりに欠陥やクレームが多いのではないか」と思う人が多いということでしょう。悪い評判は、タマホームだけではなく、どんなハウスメーカーにもあります。タマホームのように大手になれば悪い評判が出てくるのは仕方がないことなのかもしれません。もちろん悪い評判だけではありません。もちろん良い評判もあります。特に実際タマホームで家を建てた人の評判はとても参考になりますね。タマホームの家を選んだ人なのでタマホームのことを悪く書かないのかもしれませんが、タマホームの良いところを、実体験を踏まえて記してくれています。良い評判も、タマホームを理解するためにはきちんと知っておきましょう。

タマホーム トラブル

タマホームのトラブルNo.1は価格設定

タマホームに対するトラブルで一番多いのは、価格についてです。タマホームの販売件数増加に比例してトラブルが増えるのも、当たり前の話といえば当たり前なのですが、タマホームはローコスト住宅を売りにしているのでその価格設定に対してのトラブル
が多いのでしょう。ある営業マン曰く、「お客様とのトラブルの80%は坪単価の価格設定についてです」ということです。ですので、タマホームでは最初に坪単価について時間を使って説明するようにしているらしいです。どうしてそんなにタマホームの価格でトラブルが出るのかというと、やはり坪単価25.8万円という広告が非常にインパクトが強すぎるために、坪単価×坪数だけで家が建てることができると思ってタマホームを訪れる人がいるのです。坪単価25.8万円というのは、あくまでも建物の基本的なところで、オプションは別料金でかかってきますし、他にも地盤補強工事や下水道接続工事などの諸費用がかかり、全部で300〜500万ほどプラスでかかります。さらに坪単価25.8万円の条件は床延べ面積が35坪以上の建物で、それ以下の面積だと1坪減る毎に5250円高くなるのです。そんな追加費用や制限があるならば、後々トラブルになるのも理解できますよね。家を買う側としてもトラブルを出したくはないので、きちんとした説明を行ってほしいですね。

タマホーム トラブル

タマホームのトラブル要因のひとつは従業員の教育不足

タマホームトラブルは、タマホームの急成長と大きく関わっています。タマホームでのトラブルは、見積もりの間違い、連絡の有無、確認事項の言い忘れ、など従業員に対するトラブルが数多くあります。急成長すれば、その分多くの従業員を増やさなければなりません。そうなると、従業員の教育も満足にはできず、知識不足の従業員が増えてしまうのでしょう。会社の急成長に、従業員の力が付いていけていない、というのが現実です。あとタマホームでは、辞めてしまうのかは定かではないですが、担当が変わってしまうこともよくあるそうです。担当が変わってしまうと、こちらも不安になりますよね。建築中なのに担当が変われば、担当との信頼関係もいちから作っていかなければなりませんし、家が出来たと思えば担当がいなくなり、アフターに関しての問い合わせがしにくくなるといったことが起こります。これもトラブルの原因になるでしょう。トラブルを増やさないためにも、タマホームは従業員の教育にもっと力をいれるべきでしょう。急成長しているうちは良いですが、従業員の評判が悪く、トラブルが増えていくと、あとは会社の信頼もなくなり、世間から弾かれてしまうでしょう。

<<前の5件  .. 2 3 4 5 6..  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。