タマホーム 欠陥

タマホームでの欠陥住宅を見抜くために

タマホームのようなローコスト住宅を売りとしたハウスメーカーで家を建てる場合、「手抜き工事をしていなか?」と、欠陥住宅への不安がありませんか?欠陥住宅を見抜くのは自分自身です。タマホームに全て任せるのはやめましょう。家は一生に一度の高額な買い物です。簡単に買い直しできるものではないので、欠陥住宅を見抜く目を養わなければなりません。欠陥住宅を見抜くといっても、日本の住宅建築工事は、ハウスメーカーや一般工務店が一括元請けで契約し、設計・施工・監理が同一の業者で行われているのが一般的です。タマホームの場合も同じです。ですので、欠陥住宅のチェックといってもタマホームの身内で行なっているので、あまり信用できません。ですので、検査員を放っておかず、検査員が検査している横で、あなたもメモを取りましょう。建築用語が分からなかったとしても、とにかくメモを取ることで、検査員が手抜きを出来なくなりますからね。疑問に思ったことを検査員と話し合うことも大切です。欠陥住宅を見抜くには、検査員、その他にも実際家を建てている現場の棟梁、タマホームの営業マンとの関係も良好にし、何でも質問できる環境を整えておきましょう。よく現場に通い、現場のことを知りましょう。

タマホーム CM

タマホームCM広告に排除命令

タマホームCMや新聞折込広告で「住宅着工棟数日本一」と大きく宣伝していました。しかし実際には大手を除いた業者の中で「1位」に過ぎなかったのです。そこれで公正取引委員会はタマホームの排除命令を出しました。実際はCMなどでは小さく「地域ビルダーランキング」と書いてあるのですが、一般消費者には明らかに理解できない表現ですし、言葉の説明もありませんでした。実際タマホームは10位程度だったらしいです。公正取引委員会は全国規模の大手メーカーも合わせた1位との誤解を与えると判断した、全国首位のメーカーの着工棟数は年間約2万棟なのに対し、タマホームは約5000棟だった、発表しています。どうしてタマホームはそのようなことをしたのか理解しかねます。タマホームは急成長している会社なので、イメージはとても大切ですよね。CMは大きな影響を与えるものですので、安易に過大な広告を載せるべきではありません。「1位」という表示にみんなが飛びついてくるのかと言えばそうでもなく、そのようなCMをすれば疑問を持つ人もいるので、このように排除命令が下る結果になったのだと思います。せっかくのイメージアップのためのCMをこのようなことで悪くしてしまうのはとても残念です。今後タマホームのCMや折込広告の信用性がなくなったのは確かです。

タマホーム CM

タマホームのCMはみのもんたを起用

タマホームCMを知っていると答える人は多いのではないでしょうか。タマホームのCMと聞いてまず思い浮かぶのは、「みのもんた氏」だと思います。みのもんた氏を起用することでブランドイメージがアップしていることは確かです。みのもんた氏は大物芸能人ですのでCMで起用するにはお金もかかります。タマホームはそれができる会社であり、それだけの財力を持った会社なのだと、CMを見た人は思うのではないでしょうか。しかし、「タマホーム=みのもんた」としてイメージが定着しているからといって、全てがプラスのイメージではありません。なかには、みのもんたの家はタマホームで建てたのかとタマホームに問い合わせする人もいるみたいですし、みのもんた氏の言葉に説得力がない、などの意見もあります。まあCMは印象に残ったもの勝ちといったところもありますが、タマホームがどのような会社なのかを伝えられているかが重要でしょう。みのもんた氏がCM最後で「タマホーム、いいねえ」と発言しますが、それが見ている人にどのような印象を与えているのか、こればかりは人それぞれですよね。本当にいいかもと思う人はそこからタマホームについて調べていくでしょうし、嘘っぽいと思う人はただのCMとして受け流すでしょう。そう思うとCMの与える影響はとても大きいですよね。

タマホーム ブログ

タマホームの悪い評価のブログについて

タマホームに関するブログは多数あります。アクセス数も多いです。それだけ多くの人がタマホームに関心があるということでしょう。タマホームで検索すると「クレーム」、「訴訟」など悪い評価が書かれたブログもたくさんあります。勿論タマホームの良さを書いたブログも多数ありますよ。ブログはあくまでインターネット内の個人の日記で匿名で書くことができるものですので、ブログをそのまま鵜呑みにするのも良くありません。実際タマホームのクレームや訴訟は存在します。しかしタマホームは急成長しているハウスメーカーなので他企業からのねたみなどで、実際あることないことをブログで書かれることもあるかもしれません。ですので、ブログを読んで、それをそのまま信じるのは危険だと思います。これはタマホームだけに関することではありませんね。やはり他人の情報は気になりますが、ひとつの情報として取り入れるだけに留め、後は自分で住宅展示場などに足を運び、タマホームがどのようなメーカーなのか、タマホームの家がどのようなものなのか、自分自身で感じにいきましょう。訴訟やクレームで気になることは、聞きにくいかもしれませんが、タマホームの営業マンなどに直接聞いてみるのが一番です。

タマホーム ブログ

タマホームの建築日記のブログについて

タマホーム」で検索するとたくさんのブログが出てきます。なかでも、タマホームの家を実際建てた人の体験記のブログが多いですね。タマホームの家を現在建てている人、これからタマホームでいを建てる人、家を建てるがまだハウスメーカーで悩んでいる人、いつか将来家を建てようと思っている人、様々な人にとても参考になるブログが多数あります。家を建てる大変さが伝わってきますが、実際家が完成した時の喜びまでこちらに伝わってきます。タマホームのホームページを見てもいいことしか書かれていないのは当然ですし、詳しいことまではタマホームのホームページでは分かりません。ブログでは、タマホームで家を建てるのには実際どれほどの金額がかかるのか、タマホームのいいところ、悪いところ、素直に書いてくれているので情報集めの手段としては最適です。何せパソコンさえあれば、一度にたくさんの情報を手に入れることができるのですから、便利な世の中になりましたね。ただ金額や設備などは年々変わっていくものなので、最終確認はタマホームに直接しましょうね。ブログの内容に関してもあくまで個人の日記、情報なので全てを信じるのはよくありません。あくまで参考にしてください。

<<前の5件  .. 3 4 5 6 7..  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。