タマホーム オプション

タマホームのオプション(浴室編)

タマホームでは様々なオプションがあります。一日の疲れを癒すお風呂にこだわりたいという人も多いのではないでしょうか。まずは浴室の広さですが、タマホームでは標準で、TOTO、INAX、日立の製品から自分の好みやこだわりに合わせて1620サイズ、1818サイズのユニットバスを選ぶことができます。タマホームでは180cm×180cmの広さまではオプション料金が掛からないということです。ただし、メーカーによってはオプション扱いになる場合もあります。よほどの大家族か、よほどのこだわりがなければこの広さで十分ではないでしょうか。さらに浴室乾燥機もタマホームでは標準装備です。浴室のオプションで人気なのが浴室テレビ。これがあるとないとでは浴室での過ごし方、過ごす時間が変わってきますよね。あと3枚引き戸のオプションはあります。3枚引き戸にすると折りたたみ式の戸に比べると入口が広いです。引き戸は横に開けるだけですので、使い勝手が非常に良いと思います。少し金額が高いですが何十年も住む家なので使い勝手の良さは大切ですよね。そのほかはタマホームではジェットバスなどのオプションもあります。どこまでこだわるかは予算を考えながらじっくり考えましょう。

タマホーム オプション

タマホームのオプション(トイレ編)

タマホームでは、様々なオプションがあります。タマホームはローコスト住宅が基本なので標準設備は必要最低限といったところでしょうか。タマホームには様々なオプションがあります。これがオプション?!と思ったのが2階のトイレ。今って2階にトイレがある家がほとんどですよね。まあオプションであることは仕方ないとして、タマホームでは2階にトイレを設置するオプション料金が30万ほどするみたいです。他社ではだいたいですが15万円くらいだと思います。でも付けなければ不便だし、と値段は気に入らなくても付ける人が多いでしょうね。タマホームのトイレのオプションでは、タンクレストイレにすることも可能です。タンクレスだとタンクの容量分のスペースを取られなくて良いので、広々としたトイレ空間を作ることが出来るメリットがあります。さらにトルネード洗浄で強力に汚れを落とすので、言うこと無しですね。ですがタンクレストイレにするとタンクがないわけですから必然的に手洗い機が必要となります。そのオプション料金もかかることを忘れないでおきましょう。タンクレストイレと手洗い機の価格は商品によって様々です。ショールームなどに行くと目移りしてしまうほど様々な種類が展示してありますよ。

タマホーム 価格

タマホームで本体価格以外にかかる必要経費について

タマホームで本体価格以外にかかる費用以外に必要経費が必要です。もちろん、25.8万円という価格だけでは家が建つはずもなく、諸々費用として結構な価格がでてきます。まず、確認申請・図面作成費用です。確認申請の費用は理解できるとしても、図面作成という名目でも別価格がタマホームでは必要となります。さらに、性能保証機構登録料がかかります。第三者機関による10年保証を貰う為に登録料が必要です。次に、工事の仮設費用がかかります。大工さんの仮設トイレや工事用の電気・水道代の価格です。次に、オール電化対策費用がかかります。タマホームはオール電化を標準設備としているのに、なぜかオール電化対策費用なる名目でお金を取ります。次に、現場施工に関する各種検査という名目で諸検査費用が必要です。全部で80万円ほどの価格となるようです。タマホームは坪単価が安いかわりなのか、何かとわけの分からない諸費用で価格があがっていきます。それでもタマホームは他のハウスメーカーより安い価格にはなるようですが、あらかじめそのことを知っておかないと大変なことになりますね。タマホームのCMなどで安さだけを前面にだしていますが、本当に必要な価格も知っておくことが大切です。

タマホーム 価格

タマホームで家を建てるのに必要な価格

タマホームで家を建てる場合、実際どのくらいの価格になるのか、みなさんが気になるところだと思います。タマホームは「坪単価25.8万円」を売りにしていますが、もちろんそれは本当です。それを偽ると問題ですからね。でもそれはあくまで基本の本体価格です。それに加え、色々とオプション、諸経費が掛かります。それは大きく分けて、4つあります。まずは本体価格。基本の本体価格ではタマホームの場合制限がかなりあり、本当にこの値段の家を建てることは可能であっても、何も注文をつけずこの価格で建てようとする人はいないでしょう。そしてオプション価格ですが、これは人によってピンからキリまで違ってきます。でも本当に些細なことでもお金がかかるのでそれの積み重ねで結構な価格になってしまうことが多いです。たとえばトイレ・納戸・エアコンコンセントの追加、断熱材の強化、床補強などオプションは多数あり価格も様々です。そしてその他にかかるので給水排水などなどの付帯工事価格です。それと色々と諸費用が掛かります。結局タマホームでは本体価格以外に300〜500万かかってしまうようです。それでも他のハウスメーカーよりは低価格な家が実現します。ただタマホームの「坪単価25.8万円」の価格だけで家を建てることができると思っていると、実際見積もりを出してもらった時に驚くことになります。

タマホーム 建築

タマホームの建築構造と強度その3

タマホーム建築構造と強度ついて紹介します。タマホームの建築物の壁は構造用面材による耐力壁になっています。9mm厚の構造用面材を直接柱に留めつけて耐力壁とする事により建築物全体が一体化し、住まいを面で支えることでさらに建築物の強度をアップさせます。日本の伝統工法である木造軸組工法にプラスすることで、さらに安心の家がタマホームでは実現しました。さらにタマホームでは、木造住宅の接合部の強度を高めるため、土台や基礎と柱の接合部分を防サビ処理が施された耐震金具で補強。強い家づくりを貫く精神が、こうした表からは見えない所にも及んでいます。要所に耐震金具を使用することで、より耐震性が高まり、建築物のゆがみや倒壊を防いでいます。 タマホームの建築物は適材適所で耐震金具を使い分け、建物の強度をアップしています。ホールダウン金具は柱と土台を一本の強靭なボルトで貫いてしっかりと固定します。筋交いプレートは水平力を受ける筋交いを、柱にしっかり固定します。 L型接合金物は土台と柱など、接合部を強固に固定します。 羽子板ボルトは柱と梁の接合部分をしっかりと固定するための金具。木材は乾燥が進むにつれ収縮することがあり、その場合に接合部が緩まないように取り付けます。 このようにタマホームは建築にこだわっています。

<<前の5件  .. 4 5 6 7 8  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。